株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > アプリックスのBeaconが図書館の蔵書検索や書架ナビゲーションで採用された件に関する報道

ニュースリリース

アプリックスのBeaconが図書館の蔵書検索や書架ナビゲーションで採用された件に関する報道

アプリックスのBeacon「MyBeacon® Pro MB004」が名古屋大学附属図書館中央図書館に設置され、蔵書の検索、書架のナビゲーション、ならびに入退館時には本の返却日などの情報を通知するシステムの実証実験に採用されることが多数のメディアで報道されました。

これは、日本最大の図書館検索サイトを運営する株式会社カーリルが提供する図書館向けサービスと連携して提供するもので、アプリックスのBeaconを活用することで、蔵書の検索、書架のナビゲーション、ならびに入退館時には本の返却日などの情報を利用者のスマートフォンに通知できるようになります。図書館において利用者が必要とする情報・資料などを検索・提供したり、文献探しなどをサポートするレファレンスサービスなどを強化することが可能になります。

■ASCII.jp
図書館にもBeacon、名古屋大学図書館で実証実験

アプリックスIPホールディングス(アプリックス)は11日、カーリルと連携し、図書館にBeaconを使ったサービスを提供する実証実験を開始すると発表した。

アプリックスは、Beaconを使ったスマホ向け位置情報サービスを提供できるシステム「MyBeacon」シリーズを展開している。一方、日本最大の図書館検索サイトを運営するカーリルは、図書館向けサービス「カーリル図書館マップ」を提供している。

今回、アプリックスの「MyBeacon」シリーズの「MyBeacon Pro MB004」と「カーリル図書館マップ」を連携。「蔵書の検索、および目的の書架までのナビゲーション」サービスの実現をめざし、実証実験を行う。

同サービス導入の実証実験を行うのは、名古屋大学付属図書館中央図書館および工学図書室。図書館内の至る所に「MyBeacon Pro MB004」を設置し、スマホでアプリを起動しておくと、入館時に最新のイベント情報などをスマホに通知したり、スマホで蔵書の検索や目的の書架までのナビゲーションを利用できたり、退館時に借りた本の返却日を通知したりできる。

Beaconは、リアル店舗で利用できるクーポン券をスマホアプリやパソコンサイト上で発行するなど、 オンラインからリアルへと顧客を導こうという「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」や、さまざまな販売チャネル(実店舗やECサイト、カタログ通販など)を連携させることで相乗効果を高めようという「オムニチャネル」に活用される例が多い。(中略)

また、今回の同じくアプリックスが提供する例として、メディアアクティブの「野球場NAVI」アプリとの連携により、球場内でビールの売り子をスマホで呼ぶサービスがオリックス・バッファローズ本拠地の京セラドーム大阪球場に導入されている。Beaconが次なるインフラとしてじわりと普及している。

(ASCII.jpより抜粋)
本件に関するASCII.jpの記事

■マイナビニュース
アプリックスのBeacon、図書館の蔵書検索や書架ナビで採用

アプリックスIPホールディングスは9月11日、同社のBeacon「MyBeacon Pro MB004」が名古屋大学附属図書館中央図書館に設置されたと発表した。蔵書の検索や書架のナビゲーション、入退館時に本の返却日などの情報を通知するシステムの実証実験に採用されるという。

アプリックスのBeaconが図書館内の至る所に設置され、カーリルが提供するアプリケーション「カーリル図書館マップ」と連携することで、蔵書の検索、および目的の書架までのナビゲーションサービスを実現。加えて、入館時には最新イベント情報などを、退館時には借りた本の返却日などを利用者のスマートフォンに通知できるようになる。

図書館に採用されるアプリックスのBeaconは、商用利用向けBeaconの必須機能である位置測位の精度向上と端末の負荷を軽減する通信方式を採用。電子認証によるセキュリティ機能などを備えるBeaconとして、多種多様な業界での実用化が進んでいる。

(マイナビニュースより抜粋)
本件に関するマイナビニュースの記事

■INTERNET Watch
名古屋大の図書館に160台のiBeacon、蔵書検索や書架案内を実現へ

アプリックスIPホールディングス株式会社(以下、アプリックス)は11日、Beaconが日本で初めて図書館に採用されたと発表した。株式会社カーリルが提供する図書館向けサービスと連携して、名古屋大学付属図書館中央図書館に設置され、蔵書検索、書架ナビゲーション、入退館時に本の返却日などの情報を通知するシステムの実証実験に採用される。

「MyBeacon Pro MB004」が図書館内の至る所に設置され、「カーリル図書館マップ」と連携することで、蔵書検索、目的の書架までのナビゲーションを実現する。併せて、入館時に最新イベント情報などを、退館時に借りた本の返却日などを利用者のスマートフォンに通知。Beaconを活用することで、図書館において利用者が必要とする情報・資料などを検索・提供し、文献探しなどをサポートするレファレンスサービスが強化される。

実証実験は10月より開始。期間は未定。導入されたBeaconの数は160台。

「MyBeacon Pro MB004」は、商用利用向けBeaconの必須機能である位置測位の精度向上と端末の負荷を軽減する通信方式を採用し、電力認証によるセキュリティ機能などを備えるのが特徴という。

(INETERNET Watchより抜粋)
本件に関するINETERNET Watchの記事

■RBB TODAY
アプリックス「Beacon」、図書館の蔵書検索・書架ナビゲーションに採用

アプリックスIPホールディングスは11日、Bluetooth Low Energy対応通信システム「Beacon」が、蔵書の検索、書架のナビゲーション、ならびに入退館時には本の返却日などの情報を通知するシステムの実証実験に採用されたことを発表した。

このシステムは、名古屋大学附属図書館中央図書館に設置されるもので、カーリルが提供する図書館向けサービスと連携するものとなる。
アプリックスのBeacon「MyBeacon Pro MB004」を図書館内の複数個所に設置、カーリルのアプリケーション「カーリル図書館マップ」と連携することで、蔵書の検索、および目的の書架までのナビゲーションを実現する。入館時に最新イベント情報などを、退館時に借りた本の返却日などを利用者のスマートフォンに知らせることも可能。

Beaconは、iBeacon licensed technologyを用い、商用利用向けBeaconの必須機能である位置測位の精度向上と端末の負荷を軽減する通信方式を採用したのが特徴。

(RBB TODAYより抜粋)
本件に関するRBB TODAYの記事

報道されたその他のメディアは以下の通りです。(一部紹介)
■payment navi 「Beaconが図書館の蔵書検索や書架ナビゲーションで採用(アプリックス)」 記事へ
■Current Awareness Portal 「名古屋大学附属図書館で、スマートフォンによる屋内位置情報活用実験が実施」 記事へ

本件に関する当社発表のプレスリリース

2014年9月12日
アプリックスIPホールディングス・グループ広報担当

Pocket
topへ戻る