株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > 週刊アスキー(web版)で、アプリックスが新たに開発した「極薄フィルム型Beacon」に関する記事が報道

ニュースリリース

週刊アスキー(web版)で、アプリックスが新たに開発した「極薄フィルム型Beacon」に関する記事が報道

週刊アスキー(web版)の「週アスPLUS」で、アプリックスが新たに開発した、厚さ0.8mmの「極薄フィルム型Beacon」に関する記事が報じられた。

「ポスターに貼れる、超薄型0.8ミリ、Beaconをアプリックスが開発」と題された本記事では、日本のものづくりの技術を結集して、全ての部品を極限まで薄くし厚みが増さないように結合させることにより、従来のBeaconモジュールで実現している高度なセキュリティ機能、成りすましや不正アクセス防止などをそのまま保持することを可能にしたことや、極薄となることで、ポスターや中吊り広告などに貼ることができるようになり、ポスターや中吊り広告からスマートフォンに情報を積極的に通知できることなどが報道されました。

さらに同メディアでは、3月4日から7日まで東京ビッグサイトで開催中の「リテールテックJAPAN」に出展しているアプリックスブースにて、「極薄フィルム型Beacon」を始めとする当社のBeaconを取材した記事が報じられました。

■週刊アスキー(web版)での掲載記事(3月4日報道)

ポスターに貼れる、超薄型0.8ミリ Beaconをアプリックスが開発

アプリックスは、0.8ミリの極薄フィルム型Beacon開発しました。

“Beacon”とはiOS 7から搭載された機能“iBeacon”に対応する装置で、近距離無線技術を使って近くにあるiPhoneなどに非接触でプッシュの情報通知などを可能にします。

アプリックスではBeacon装置をすでに販売しており、大型の商業施設である渋谷のパルコなどで運用されています。
新開発のフィルム型Beaconは、従来のBeacon装置の通信モジュールと電池の厚みや重さを克服すべく、ものづくり支援企業の最新技術を結集。すべての部品を極限まで薄くし厚みが増さないように結合した上で、高度なセキュリティー機能や成りすまし、不正アクセス防止機能の保持を実現しました。さらに、センサー連携やデータストレージ機能などを可能にする双方向通信も備えます。

・ポスターや中吊り広告から情報発信から情報発信が可能に

フィルム型Beaconでは0.8ミリの薄さを生かして、ポスターや中吊り広告に貼ることができます。
ポスターの前を通った人に情報をプッシュ通知する、電車を乗り降りする人に中吊り広告に貼ったBeaconによるクーポンを表示するなど、ポスターや中吊りからスマホに情報を積極的に通知することを可能にします。なお、Beaconを使った情報の受け手は、専用アプリをダウンロードしたiBeacon対応端末になります。
また、ポスターなどに複数配置することでユーザーの進行方向を検出してお店への誘導に活用することも可能になります。

・東京ビッグサイトにて展示中

同製品は東京ビッグサイトにて本日3月4日から7日まで開催される『リテールテックJAPAN』のアプリックスブースにて展示されます。

今後アプリックスでは、中小のものづくり支援企業とともに広告制作会社や広告代理店に極薄フィルム型Beaconを提供し、国内だけでなく海外へも広く普及させていく予定とのこと。
iBeaconを利用したO2Oの事例は例えば国内では数えられるほどで、現状は試験段階といえそうですが、紙に貼れるBeaconが登場したことでiBeaconの可能性がさらに広がったのではないでしょうか。

(週刊アスキー(web版) 週アスPLUSより抜粋)

■週刊アスキー(web版)での掲載記事(3月6日報道)

わずか0.8ミリ!!極薄フィルム型Beaconを見てきた
リテールテックJAPAN

iOS 7以降に搭載のiBeacon機能に対応する装置“Beacon”。
アプリックスが新規開発した極薄フィルム型Beaconを、東京ビックサイトで3月7日まで開催中の『リテールテックJAPAN』にて直撃しました。

・極薄フィルム型Beacon

厚さは基盤のある最厚部が0.8ミリ、多くの部分が0.2ミリという、まさしく紙の薄さです。
本体の右側の白いシートのような部分が電池です。電池も極薄フィルム型Beaconのためにつくられ、こちらも紙のように極薄。写真では電池が2個つなげられた状態になっており、1個でBeaconのもちは1週間~10日ほど。2個、3個とつなぐことで2週間~20日、3週間~30日と使用期間によって調整したり、継ぎ足すことが可能です。

ポスターの裏側に張り付けられた様子です。実際見てみてもBeaconが厚みを感じさせないので、ポスターに装置が着けられているのがわかりにくいほどでした。

ポスターに近づいたスマホにプッシュで商品の情報通知などを可能にします。
極薄フィルム型Beaconが駆動する期間は電池1個で1週間~10日ほどと短期間ではありますが、一般的にポスターや中吊り広告が差し替わるタイミングは1、2週間なので、その期間のみBeaconを使用すると考えるとちょうど良いです。Beacon自体は情報を蓄積せず電池がなくなったら紙のように戻るので、処分も比較的容易そうです。

・ポスターからスマホに非接触で情報通知という新しいO2O

ポスターや中吊りから情報をプッシュ通知するという、例のない広告が極薄フィルム型Beaconを用いてできるようになります。
また、例えば商業施設内のポスターに複数Beaconを貼ることで、お客さんの進行方向を検知して、入店したときに「いらっしゃいませ」、退転間際に「ありがとうございました」など、シチュエーションに応じたメッセージを送ることも可能で、効果的なO2Oにつながります。

対応端末にアプリをダウンロードしていれば、ユーザーがアクションせずともプッシュ通知を送れるのがBeaconの強みです。

紙に貼れる極薄フィルム型Beaconの登場によって、書籍そのものや靴など生活用品にBeaconを貼ったりすることもできます。Beaconの使い方はO2O目的が多いですが、例えばKDDIが会議室予約システムにBeaconモジュールを採用しているように、工夫次第で無限の用途ができそうです。

・既に利用されているアプリックスのBeacon

アプリックスでは新開発の極薄フィルム型Beaconのほか、乾電池やコイン電池対応のBeacon、USB給電タイプのものや、防塵、防水タイプのBeaconまで既に開発しており、既に店舗で導入されてる例もあります。

こちらは乾電池使用のBeaconで、10年近く連続で利用することもできます。渋谷パルコなど数店舗で利用できるアプリ『tab』の“足あと”サービスなどには、このようなアプリックスのBeaconが使用されています。

(後略)

(週刊アスキー(web版) 週アスPLUSより抜粋)

本件に関する当社発表のプレスリリース
本件に関する週アスPLUSの記事(3/4報道)
本件に関する週アスPLUSの記事(3/6報道)

2014年3月7日
アプリックスIPホールディングス・グループ広報担当

Pocket
topへ戻る