株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > 日本経済新聞でアプリックスの極薄フィルム型Beaconに関する記事が報道

ニュースリリース

日本経済新聞でアプリックスの極薄フィルム型Beaconに関する記事が報道

日本経済新聞朝刊ならびに電子版で、電車の中吊り広告や駅のポスターなどに貼り付けられる、極薄フィルム型Beaconをアプリックスが開発したことなどが報じられました。

■日本経済新聞での掲載記事 (2014年3月4日)

スマホに広告 ポスターから
アプリックスが通信部品

アプリックスIPホールディングスは、電車の中づり広告や駅のポスターに貼り付けられる無線通信の複合部品(モジュール)を開発、2014年度中に量産する。ポスターから半径数メートル程度に近づいた人のスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)に、商店の特売情報や新製品の広告などを配信できる。広告会社や印刷会社などに売り込む。

近距離無線規格「ブルートゥース」の通信用モジュールで、厚みが0.8ミリと従来の10分の1程度と薄い。ポスターのほか、壁や天井に貼り付けたり、機器に組み込んだりできる。

(日本経済新聞より抜粋)

本件に関する当社発表のプレスリリース
本件に関する日本経済新聞電子版の記事

2014年3月4日
アプリックスIPホールディングス・グループ広報担当

Pocket
topへ戻る