株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > business networkで「三井寺がアプリックスのBeaconモジュールで実証実験」と題された記事が報道

ニュースリリース

business networkで「三井寺がアプリックスのBeaconモジュールで実証実験」と題された記事が報道

Business networkで、アプリックスのBeaconモジュールが、多数の国宝・重要文化財を保有する三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)のナビゲーションシステム実証実験に採用されたことが報じられた。

GPSやWi-Fiによるナビゲーションでは、屋内外の狭いエリアでの案内等ができないなどの課題があったが、アプリックスのBeaconモジュールを採用することにより、神社仏閣における施設や展示物などのナビゲーションが屋内外を問わず容易に実現できるようになり、ピンポイントの案内が可能になったことなどが報道されました。

■business networkでの掲載記事

三井寺がアプリックスのBeaconモジュールで実証実験

アプリックスIPホールディングスは2014年2月21日、同社のBeaconモジュールが三井寺(滋賀県大津市)のナビゲーションシステム実証実験に採用されたと発表した。

天台寺門宗の総本山である三井寺は、正式名称を長等山園城寺(おんじょうじ)といい、数多くの国宝・重要文化財を有している。実証実験では、三井寺の屋内外にある国宝・重要文化財などを案内するナビゲーションシステムに、Beaconモジュールを活用する。実証実験を主催するのは、公益財団法人 京都高度技術研究所。

アプリックスによれば、GPSやWi-Fiによるナビゲーションは、屋内外の狭いエリアでの案内などに課題があった。しかし、Bluetooth Low Energyを利用した位置測定技術であるBeaconの場合、ピンポイントの案内が可能になるという。

(business networkより抜粋)

本件に関する当社発表のプレスリリース

本件に関するbusiness networkの記事

2014年2月21日
アプリックスIPホールディングス・グループ広報担当

Pocket
topへ戻る