株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > WirelessWire Newsで「アプリックスのBeaconモジュールをKDDIが採用、会議室の前ですぐに予約・利用」と題された記事が報道

ニュースリリース

WirelessWire Newsで「アプリックスのBeaconモジュールをKDDIが採用、会議室の前ですぐに予約・利用」と題された記事が報道

世界の通信業界関連のニュースを発信する情報サイトWirelessWire Newsで、アプリックスのBeaconモジュールが大手電気通信事業者KDDI社で採用されたことが報じられた。

KDDI社では、これまでグループウェアを用いて会議室などの共有施設の予約受付から更新、管理を行っていたが、当社のBeaconモジュールを採用することで、空いている会議室をその場で予約・利用できることなどにより、利便性の向上と業務の効率化が図られていることなどが報じられた。

■WirelessWire Newsでの掲載記事             

アプリックスのBeaconモジュールをKDDIが採用
会議室の前ですぐに予約・利用

アプリックスIPホールディングスは2014年2月17日、スマートフォンなどとの間で情報のやり取りが可能なビーコンを作るための同社の「Beaconモジュール」が、KDDIに採用されたと発表した。KDDIでは会議室予約・管理システムで利用する。

会議室予約・管理システムでは、Beaconモジュールと近接したスマートフォンの間で無線通信を行うことで、利用者がどの会議室の前にいるかを簡単に判別できるようにする。利用者が接近した会議室の利用状況や予約状況がその場でスマートフォンに表示できるようになり、予約が入っていなければすぐに予約して利用することが可能になる。従来はグループウエアを使って管理/運用をしていたが、Beaconモジュールを活用することで空いている会議室をその場で予約するような使い方もできるようになり、利便性の向上と業務の効率化に役立つ。

Beaconモジュールは、Bluetooth Low Energyを使ってスマートフォンとデータをやり取りする機器。Beaconモジュールとスマートフォンの位置関係を把握できるほか、Beaconモジュールからスマートフォンにデータをプッシュ送信できる。この特性を利用して、会議室の近くにいるユーザーのスマートフォンに予約状況などを送り、その場で会議室予約ができるシステムを開発した。(後略)

(WirelessWire Newsより抜粋)

本件に関する当社のプレスリリース

本件に関するWirelessWire Newsの記事

2014年2月18日
アプリックスIPホールディングス・グループ広報担当

Pocket
topへ戻る