株式会社アプリックス コーポレートサイト

HOME > ニュースリリース > Special Contents「社長がインタビュー」 IoTが残すもの – 都市という観点から見たサービスの在り方を交えて – を公開しました。

ニュースリリース

Special Contents「社長がインタビュー」 IoTが残すもの – 都市という観点から見たサービスの在り方を交えて – を公開しました。

株式会社アプリックス(以下、当社、アプリックス)では、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトのもと、
モノのインターネット / IoT( Internet of Things) におけるセキュリティ・デバイス・アプリ・クラウドのトータルソリューションを提供しています。

この企画では、アプリックスのIoTソリューションについてより多くの方にご理解いただくことを目的として、当社代表 長橋 賢吾が、多彩なゲストにインタビューを行い、「IoTとは何か?どんな可能性があるのか?」という部分を紐解いていきます。

今回のゲストは、
株式会社アプリックス 取締役 兼 CTO
石黒 邦宏
です。

今回のゲスト

株式会社アプリックス 取締役 兼 CTO

石黒 邦宏

北海道大学農学部を卒業後、株式会社SRA、ネットワーク情報サービス株式会社を経て、株式会社デジタル・マジック・ラボで UNIX ソフトウェアの開発、インターネット経路制御の運用に関わり、オープンソースウェアで経路制御を実現する GNU「Zebra」を開発。そして、「Zebra」をベースにした商用ソフトウェアである「ZebOS」を開発・販売するために、1999 年 10 月、米国にて IP Infusion を創業。「ZebOS」は、世界中のルーターやスイッチメーカーに採用されている。

当社においては、平成27年のCTO就任時より、IoT時代に即した新しいビジネスの数々を推進している。

 

今回のゲスト

株式会社アプリックス 取締役 兼 CTO

石黒 邦宏

北海道大学農学部を卒業後、株式会社SRA、ネットワーク情報サービス株式会社を経て、株式会社デジタル・マジック・ラボで UNIX ソフトウェアの開発、インターネット経路制御の運用に関わり、オープンソースウェアで経路制御を実現する GNU「Zebra」を開発。そして、「Zebra」をベースにした商用ソフトウェアである「ZebOS」を開発・販売するために、1999 年 10 月、米国にて IP Infusion を創業。「ZebOS」は、世界中のルーターやスイッチメーカーに採用されている。

当社においては、平成27年のCTO就任時より、IoT時代に即した新しいビジネスの数々を推進している。

当社取締役 兼 CTO 石黒 邦宏

Special Contents 「社長がインタビュー」 IoTが残すもの – 都市という観点から見たサービスの在り方を交えて –

Pocket
topへ戻る