IoTのリーディングカンパニー

Loading... 0%

IoT×ヘルスケア

ペットにいつまでも元気でいて欲しい

「ちゃんとゴハンを食べたかな?」「水は足りているかな?」
「トイレが乾いているけど午後はしていないのかな?」「家に帰ってきたらもう寝ちゃっているけど、今日は何していたの?」
家で留守番をしているペットの様子が気になったり、ペットの体調不良に気づかずに、心配することがあります。ペットにいつまでも健康でいて欲しいと思っていても、自分の体調を言葉で伝えることができないペットは、病気のサインが分かりづらく、酷くなって初めて気づくことも。

IoTによりペットの行動履歴を細かくログ化

IoTによりペットの行動履歴を細かくログ化

あらゆるペット用品が、IoT技術によってインターネットにつながるようになります。ペットが餌を食べたり、水を飲んだり、トイレに行ったことを外出先でもスマホに通知。いつでも・どこでも確認できるようになり、最愛のペットとの絆を深めます。ペットの行動をクラウドに蓄積し、アプリでDaily、Weekly、Monthlyの履歴を確認できるので、ペットのヘルスケアが劇的に変わります。

病気を未然に防ぎ、ペットの健康寿命が延びる

例えば、ペットトイレの利用履歴からトイレの回数が普段より多いと分かれば、スマホアプリから泌尿器系の病気の疑いのアラートをあげることも。様々なペット用品から、食事や運動などを細かくログ化することで、トータル的なケアが可能になります。

ビッグデータを活用してロボットが診察

ビックデータを専門家にシェア、さらにはAI解析。クラウド上に集めた膨大なペットの行動履歴を、ペットの健康管理の専門家である獣医さんとシェア。将来的にはAIによる解析で、病気の原因解明や予防法、治療法にも役立てられていくでしょう。そして近い未来、AI解析を活用してロボットが診断・治療する世界も夢ではありません。

デバイス+アプリ+クラウド

アプリックスの
トータルソリューションで、IoTを実現

アプリックスは、ペットの首輪用ウェアラブルビーコンやペット用品に組み込む通信モジュール、ペット情報クラウドサービス(PICS)として、ペット情報を受け取るアプリ、飼い主がヘルスケアに活用するクラウドまでをトータルで提供します。

採用事例を見る
topへ戻る