IoTのリーディングカンパニー

Loading... 0%
ホーム > プロダクト > ビーコン内蔵流量センサー付ジョイント

ビーコン内蔵流量センサー付ジョイント

ジョイントを取替えるだけで簡単にIoT化

ジョイントひとつを交換するだけで、IoT化を実現

Aplixが開発したビーコン内蔵流量センサーは、「日本製の高精度で安全な流量センサー」と「Aplixが開発したIoT化モジュール」を、「日本で普及している水配管用ワンタッチジョイント」と一体にすることにより、既に浄水器を利用しているお客様が「簡単に浄水器をIoT化」できるようにしました。浄水器ごと個別の開発が不要、ホース径が違っても接続が可能で、ジョイントひとつであらゆる浄水器のIoT化を簡単に実現します。

浄水器のIoT化で、お客様の安全で健やかな生活を支える

浄水器のIoT化により、クラウド経由でユーザーごとの情報を管理することが可能となります。従来であれば、ユーザー自身が定期的に行う必要があったフィルター交換・修理等のメンテナンス依頼よりも先に、メーカー側のサービス部門が状況を把握。よりきめ細やかなサービスの提供が可能となります。

既に海外では浄水器のIoT化が急速に進み始めており、大手携帯電話メーカー等が、交換用フィルターなどのネット通販ビジネスを拡大するためIoT化した浄水器の発売を開始しています。

今後、浄水器がIoT化されていくことにより、品質維持に欠かせないフィルター交換を利用者に依存するような「売り切りのビジネス」ではなく、利用者が安心して綺麗な水を飲めるような環境やソリューションを提供することで安定した収益を継続的に生み出せる「浄水サービス」へと発展させていきます。

問い合わせる

お気軽にお問い合わせください。

topへ戻る